アーティスト・タレント

INFORMATIONMEDIALIVE・EVENTBIOGRAPHYLINK

 

渡辺シュンスケ

ワタナベシュンスケ

blogseymour's garden

PROFILE

生年月日
1975年1月7日生まれ
出身地
愛知県名古屋市出身
血液型
O型

渡辺シュンスケ プロフィール写真 小

渡辺シュンスケ

ワタナベシュンスケ

PROFILE CLOSE

PROFILE OPEN

BIOGRAPHY

渡辺シュンスケ (Schroeder-Headz, cafelon)
サッカープレイヤーを志しつつ、13才(中学2年生)から、並行してキーボードを始める。高校卒業後、上京。国立音楽大学に入学。在学中よりセッション・キーボーディストとしての活動を開始する。キレがいい鍵盤さばきと、華のあるステージパフォーマンス。
アコースティックピアノ、オルガン、シンセサイザーからコンピューターまで大胆に使いこなすキレの良い鍵盤さばきと華のあるステージ・パフォーマンスによって一躍若手を代表するキーボーディストのひとりとして注目を浴びる。
近年では佐野元春、小泉今日子、PUFFY、柴咲コウ、藤原ヒロシ、後藤まりこ、DE DE MOUSE、Scott & Rivers(From ALLiSTER & weezer)、YO-KING、遊佐未森など個性あふれるアーティストたちからの信頼を得て、それらのアーティストのレコーディングやライヴ・ステージで活躍する他、楽曲提供、プロデュース、アレンジ等も数多く行っている。
また、自身のプロジェクトとして”はSchroeder-Headz”の他、オリジナル・ソングをヴォーカル&ピアノを披露する”cafelon”としても定期的にライヴを行なう。
□趣味/読書(純文学からマンガまで)、ゲーム
□好きな物/カレーライス、黒霧島、ブレンドコーヒー(ブラックで)、タバコ(中南海1ミリ)、猫、ピアノ(とりあえず)
□最近好きな本/エドワード・ゴーリーの絵本、ゴルゴ13、夏目漱石の作品

【LIVE】
堂島孝平、PUFFY、佐野元春、YO-KING、DE DE MOUSE、柴咲コウ、土岐麻子、後藤まりこ(ex.ミドリ)、Scott & Rivers(From ALLiSTER & weezer)、CHEMISTRY、小泉今日子、Bonnie Pink、遊佐未森、TICA、gabby&lopez、杉真理&伊藤銀次、ワッツラヴ、馬の骨、ノーナリーヴス、吉田兄弟、カーネーション、木村カエラ、ロゼッタガーデン、スネオヘアー、飯塚雅弓、松本英子、浅田信一、シアトル・リセス、南波志帆、LITTLEなど

【RECORDING】
佐野元春、藤原ヒロシ、蜜、NIKIIE、遊佐未森、堂島孝平、PUFFY、KinKi Kids、supercell、UNCHAIN、土岐麻子、南波志帆、柴咲コウ、ワッツラヴ、馬の骨、スネオヘアー、TICA、gabby&lopez、飯塚雅弓、小島麻由美、伊藤サチコ、ゴンチチ、カーネーション、ZILcoNIA、オレスカバンド、氣志團、いきものがかり、U&DESIGN、OLDE WORLDEなど

【ARRANGEMENT】
柴咲コウ、藤原ヒロシ、蜜、NIKIIE、UNCHAIN、土岐麻子、南波志帆、OLDE WORLDE、伊藤サチコ、小島麻由美、など



Schroeder-Headz (シュローダーヘッズ):
数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト。ピアノ、ベース、ドラムスによるアコースティック・トリオ・サウンドとプログラミングを融合させ、美しいメロディと有機的なグルーヴが印象的なピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す。その名前の由来はアメリカのアニメ"PEANUTS"(日本名:スヌーピー)に登場するトイ・ピアノを弾くシュローダー君に依り、クラシック、ジャズ、ダンス・ミュージック、エレクトロなどに影響を受けたリリカルな男子の脳内イメージを表現している。また、同アニメの音楽を担当したビンス・ガラルディ・トリオへのリスペクトの意味も込められている。
2010年デビューアルバム『NEWDAYS』を発表。“遊べる本屋“VILLAGE VANGUARDを中心にロングラン・ヒットを記録する。
2011年のカヴァー・ミニアルバム『ピアノ・ア・ラ・カルト・フィーチャリング・シュローダーヘッズ』を発表。そのアートワークでは本家シュローダー君と夢のコラボレーションを実現。
また同アルバムに収録されたDE DE MOUSE の大ヒット曲 「baby‘s star jam」のカヴァーでは、DE DE MOUSEの特徴的なオリジナル・ヴォーカル・トラックを使用しエレクトロと生演奏が見事に融合したトラックとして高い評価を得た。2012年には「静岡~頂~2012」、「Sunset Live 2012 」、「MINAMI WHEEL」、「TIMM (Tokyo International Music Market)」などのイベントにも参加・
2013年には「GREENROOM FESTIVAL13」、「福岡・中洲ジャズ2013」のイベントに参加する一方、シンガーの土岐麻子とともに、「土岐麻子 meets Schroeder-Headz」として「SAPPORO CITY JAZZ Ezo Groove 2013」、「12th 境港妖怪ジャズフェスティバル2013」、「定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台」、「高崎音楽祭2013 ~TMF JAZZ 4DAYS~」、「Jazz JAPAN presents 女子ジャズ LIVE AID 2013等全国各地のジャズ・フェスティバルやイベントにも勢力的に出演する。2013年12月にはREMIXプロジェクト・ミニアルバム『Sleepin' Bird』を発表し、マルチトラックの配信リリースも話題となる。

【ENGLISH】
Shunsuke Watanabe (Schroeder-Headz, cafelon):

Shunsuke Watanabe wanted to become a soccer player when he was young, but after playing the keyboard for the first time as a high school student, he became determined to gain entrance to a music college by the time he graduated high school. After taking piano lessons for a year, he was accepted to Kunitachi College of Music in Tokyo, where he studied classical and jazz while he performed as a session keyboardist for well-known artists. He quickly rose to prominence through his mastery of the keyboard, from the acoustic piano, organ, and synthesizer to computer sequencing, as well as his superlative live performances.

In recent years, he has performed live and recorded with a wide range of artists, including Motoharu Sano, Kyoko Koizumi, Puffy, Kou Shibasaki, Hiroshi Fujiwara, Mariko Goto, De De Mouse, Scott & Rivers (featuring members of Allister and Weezer), and has worked as a songwriter, producer, and arranger. In addition to his personal project, Schroeder-Headz, he also sings and performs original songs on piano periodically as cafelon.


Schroeder-Headz:

Led by Shunsuke Watanabe, Schroeder-Headz is a post-jazz trio consisting of piano, bass, and drums. Blending an acoustic trio sound with electronic programming, the group uses beautiful melodies and organic grooves to create an impressive vision of the future of the piano trio. The group takes its name from toy piano player Schroeder from the famous Peanuts comic strip, and a peek inside the mind of a boy influenced by classical, jazz, dance, and electronic music. The name also expresses the respect the group has for the Vince Guaraldi Trio, composers of the iconic music from the Peanuts animation.

The group released its debut album, “Newdays”, in 2010, followed by a covers EP, “Piano a la Carte Featuring Schroeder-Headz”, in 2011. The EP, which features Peanuts character Schroeder in the album artwork, includes a cover of electronic artist De De Mouse’s hit “Baby’s Star Jam”. The group gained praise for its unique take on the song, which fused electronic music with live performance, and utilized De De Mouse’s original vocal track.

The group performed at a number of festivals across Japan in 2012, including Shizuoka Itadaki 2012, Sunset Live 2012, and Minami Wheel, and made appearances in 2013 at Greenroom Festival ’13 and Fukuoka’s Nakasu Jazz 2013, among others. They also teamed up with singer Asako Toki to perform as “Asako Toki Meets Schroeder-Heads”, taking part in jazz festivals and events such as Sapporo City Jazz Ezo Groove 2013, 12th Sakaiminato Yokai Jazz Festival 2013, Jozenji Street Jazz Festival in Sendai, Takasaki Music Festival 2013 TMF Jazz 4 Days, and Jazz Japan Presents Girls’ Jazz Live Aid 2013. In December 2013, the group released remix EP “Sleepin’ Bird”, and gained further fan interest by releasing the EP’s multitrack recordings online.

PAGETOP